心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

ブログ

『ココロヒーリング』ラジオ収録風景🎶

こんばんは!

岡本マサヨシ公式サイト事務局の池田です^_^

 

先日の岡本マサヨシのココロヒーリング収録は、みなとみらいへ行って参りました!

 

 

 

 

 

 

いつもは六本木のスタジオでの収録なのですが、岡本はいつもと違う雰囲気を楽しんでおりました。

放送は、5月14日(日)と21日(日)!

いずれも、夜、23時30分です。

お楽しみに!

思ったことを引き寄せたいなら知っておいてほしいこと

ヒーリングの仕事をしてセミナーなどしていますと

参加者からの質問で「岡本先生、やはり引き寄せや顕在化する上で意識がもっとも大切なんですよねね?」

このように聞いてくる方がいます。

私はこの3次元の世界に生きる上で行動に勝るものはないと思います。

行動は意識も変えてくれます。

「これだけ頑張ったのだから結果はどうでも良い。精一杯やった自分を称賛しよう」

となりますと法則が働くのです。これが手放しの法則です。

やらない、行動に移さないのは、そもそも手放せていないのでいつまでもできない自分を否定したり、挙げ句の果てにできないことを正当化します。

このパターンは、沢山見てきました。

やりきった時に自分に必要な答え、または成果はついてきます。

結果が出ないのはやれてないからです。

もう一度言います。

行動に勝るものはありません。

 

 

 

大人だけど反抗期

皆さんは反抗期にしっかり親に反抗してきましたか?

いい子でいなきゃという思いから反抗できなかった人も大勢います。

環境的に反抗できない状況だったりする方もいます。

僕はそれなりに反抗期を迎えましたし

それが親だったり、大人全般だったり、社会だったり。

今考えると苦笑します。

今私のクライアントで26歳で反抗期を迎えている男性がいます。

彼はもともと耳が聞こえません。

友達と会話するときも

親と会話するときも私たちが普通にできていることができなかったのです。

彼は頑張って大学も卒業しました。

卒業後は会社に就職もしましたが、コミュニケーションが取れないことから

会社を辞めてしまいました。

今ヒーリングを受けながら前に進んでいます。

耳が聞こえない世界ってどんなんだろう?

ヒーリングをするたびに彼の気持ちを考えると

頑張ってきたねぇって心から思います。

人がヒソヒソ話をしているだけで自分の噂話をされているような気持ちに思春期には思うものです。

それを彼はずっと今も抱えています。

ヒーリングでインナーチャイルドを猛烈に癒しています。

彼のこれからの変化が楽しみです。

浅田真央ちゃんお疲れ様の続き

昨日浅田真央ちゃんの件でブログ更新しましたが本日も引き続き感じたことを書こうと思います。

引退記者会見で彼女に記者がこんな質問をしました。

『選手時代を思い返してもう一度やり直せるならどこに戻りやり直したいですか?』

このように記者が真央ちゃんに質問を投げかけました。

真央ちゃんは

『うんーーうんーーー過去には戻れないのでやり直したいとは思いません』

素晴らしいですね。

最近、タラレバという言葉が流行りましたが

こうだったら、これさえなければ

のように過去を後悔する人をトレンディードラマ化されました。

真央ちゃんが記者に聞かれて、もし彼女が記者に合わせるならば

『あの時のオリンピックでトリプルアクセルを失敗しないで飛びたかった』

という答えを言っていたでしょう。

また記者もこのような言葉を望んでいたのでしょう。

ネガテイブな答えを期待していた記者は面を食らっていましたね

若い彼女から学べたのではないでしょうか

『過去には戻れません』

本当にその通りですね。

だからこそ一瞬一瞬を大切に生きることがとても重要なんだよって

真央ちゃんが教えてくれているようにも感じました。

素晴らしいですね

 

浅田真央ちゃんお疲れ様でした。

浅田真央ちゃん

引退されましたね

会見をテレビで見てあらためて心うたれました。

人は苦しさや悔しさで流す涙ではなく

人から与える感動から出る涙はとても心が浄化されるものです。

そう考えると浅田 真央ちゃんが人に与えてきた感動からの涙は計り知れないですね。

沢山の感動の 涙をありがとう。

そしてお疲れさまでしたと心から思います。

私たちも人に気がつかにうちに影響を与えています。

人に良い意味で影響を与えられれば良いのですが

気がつかないうちに不愉快な思いにさせていたりする場合があります。

真央ちゃんは若いですが言葉一つにとても正直で丁寧ですね。

聞いている側も

心地よく聴けますよね。

本当に見習うべき点がたくさんあります。

上に戻る
© 2010-2017 岡本マサヨシ