心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

適職と天職


適職と天職の違いについてお伝えしたいと思

います。

適職とはわかりやすく伝えるならば

お金を稼ぐ上で割と簡単に稼げる仕事を選ん

でいる場合は適職です。

この場合スキルを向上していき経験とともに

給料もついてきやすいのが特長です。

しかし、楽しいと感じられることばかりとは

いかない場合も多いです。

通常、学生卒業と同時に採用決定した中から

自分が働く事がイメージできる所を職場に選

びます。

専門職意外は部所や配属先も自分で決められ

ないケースも多いのが現状です。

やりがいや楽しさは継続から生まれ、徐々に

適合していくのです。

不適職な仕事を選んだ場合は精神的不安から

病気を患う、スキルが伸び悩む、収入が伸び

ない、不満が多くなり常に辞めたいという意

識を感じるでしょう。

もう一つ適職についているかを調べる方法が

あります。

あなたがもし今働いている会社の社長だと想像してください。

社長のあなたが今のあなたを採用し続けるこ

とをするかどうかを考えて見てください。

そして、もしあなたが社長だとして今のあな

たを採用したくないと思考するなら

どんなあなたになれたら採用し続けたいかも

同時に思考してみてください。

そしてあなたが社長の時の要望をあなたが

近い将来期待に答える自信があるか否かが

ポイントになります。

結果が生まれづらい仕事をするよ

りも転職をするのも一つの手段の場合もある

ことを知ってください。

しかし、最低三年くらいは頑張りきったと思

えるかどうか、やりきった感があるか否かが

重要なポイントです。

次回は天職についてです。


 

 

 


上に戻る
© 2010-2017 岡本マサヨシ