心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

カテゴリー

新型コロナウイルス非常事態だからこそ

カテゴリー:ブログアーカイブ

ブログを書こうと思い今、パソコンと向き合っています。

何を書きたいんだろう?

頭に浮かんでくることは『コロナウイルス』

自分の心に聞いてみると

『コロナウイルスはもうみんな疲れちゃってるでしょう』って心の声。

でもみんなを励ましたいという思いがふつふつと湧いて出てきます。

物事が大きく変わろうとしている時には大切にしてた事柄や物などを

手放さなきゃならないことが出てきたりする。

銀座のお店も8年経営してきたけど

銀座は人が歩いていないので閉めた方が良いのかもしれない。

悔しさや寂しさはあるけど

僕は手放すことは怖くない。

なぜなら今までも沢山手放してきたから。

経験して感じたことは手放せばまた新たに始まるということ。

きっと最善に進んでいるんだから。

大丈夫。

今、僕たちに出来ることは何か。

人を大切にすること。

一人の命の大切さを心から理解して、

日々の行動をすること。

政府がマスク配るだけとか今の病院事情を知れば知るほど、不安や恐れ、

心の憤りはあるとは思うけど

批判をしたり愚痴に変えないことを僕はお勧めする。

何故ならみんな自分なりに一生懸命生きようとしているのだから。

愚痴や不満はまた自分にかえってくるから。

今自分に何ができるのか。

そのことを僕も含めみんながそれぞれ考えよう。

心のチャンネルを変える

カテゴリー:ブログアーカイブ

世の中の情報からの影響で、物事が低迷していると感じる時

不安や恐れから前に進めていない感覚を感じたり、じれったさや、心が不安定になり、ネガティブな発想しか生まれてこないという時。

皆さんはどう対処しますか?

僕はやれることをやります。

大きく進もうとせずに
目の前のことに意識を向けて
やりきれてなかったことを見つけてみるのも良いものです。

読めていなかった本を読んでみたり

休めていなかった身体を休息したり、

掃除に没頭してみたり

それも実は前進しています。

心が心地よくなれるDVDを見てみるのも
良いですし、趣味に没頭するのも有りです。

心のチャンネルを変えてみることで、
今まで気づけなかったことに気づくチャンスに繋がるかもしれませんよ。

物の買い占めに潜むエゴ

カテゴリー:ブログアーカイブ

物の買い占めが話題になっていますね

新型コロナウィルスの話題に意識が集中していますからね

人間の心理として不安や恐れが感情として大きくなると
物を購入して落ち着こうとする習性が人間にはあります

振り返ってみると同じような経験を少なからずしている可能性が高いです

例えば海外旅行に初めて行く人は
そんなに物を持たなくても良いはずなのに
下着や薬、カップラーメンなど大量に旅行カバンに詰め込む人も少なくありません

今回のような国を挙げての不安が高まった時など
特に日常必需品に集中しやすく、世の中がどれだけ不安が大きくなっているのかが
今の減少からもよくわかります

人間のエゴとは自己防衛本能であり、自分の身を守るために
他人がどうなろうがどうでも良いという潜在意識が存在しています

実際に冷静な判断をすれば個々にどう自分が行動すれば良いのかが見えてくるはずです

海外旅行に持って行った
大量の薬、下着、カップラーメンなど全部必要だったか?
消費するのにとても時間がかかったのでは?

このような過去の経験を思いだし
それぞれが自分でどのような行動をとることが望ましいのかを
考えられると良いですね。

ピエール瀧さんの復帰について僕が思うこと

カテゴリー:ブログアーカイブ

ここ最近芸能人の不祥事について色々報道されてますね。

メディアの影響は大きく、それを見た人たちの意見や、実際に朝の報道番組に出演されている芸能人の方達目線でのコメントなども加わり、街の声、SNSでの声はいささか冷ややかなコメントが多いのが現状。

どんなコメントが多いかというと、

・復帰するべきではない。

・するならもっと熱りが冷めるまでテレビや芸能活動はするべきではない。

・芸能人は特別扱いされすぎだ。芸能人はどうせ法に触れても許されることが多い。

・芸能界って甘い。

など否定的なものばかりだ。

TV出演者たちも自分の立場が悪くなるのを恐れてか、控えめで世の中が騒ぐようなコメントを控えているように感じるのは僕だけだろうか。

 

さて、今回も歌手であり俳優としても活躍していたピエール瀧さんが復帰するというニュースが、ネットを賑やかせている。

 

ここで僕が個人的に思うのは、《仕事なんだから復帰したいと思うのは当然でしょう》ということ。

 

考えてみて欲しいが、あれだけ顔も名前も売れている芸能人の方が社会復帰をするにあたって、別の仕事を選ぶことができるだろうか?
一度過ちを犯した者は、もう一生外に出るなと言いたいのか?
そんなに君は完璧かい?

そんな風に感じながら、いろんな人が自由に発信しているコメントを淡々と眺めている。

人間、大なり小なり間違いを犯すことだってあると思う。
もちろん、間違いを犯したことそのものを「それでいいんだよ!」と言っているわけではない。
けれど、大きな視野で物事を捉えようとする意識はとても重要だ。

 

人に批判的な意見を投げる前に、ふと立ち止まって考えて欲しいことがある。
それは、物事を違う角度から見るということ。

例えば今回の場合は、相手の立場になって見てみたらどうだろう?
もし、やってはならないことを自分が万が一してしまったらどうだろうか?

そんなことする筈がないという捉え方は一旦置いておき、してしまったという程で考えて欲しい。

または自分の身内、親や兄妹、子供、パートナーが罪を犯してしまったという置き換え方でも良いと思う。

この視点で自分が冷静に見た時に、今までの違う思いが生まれてきたりはしないだろうか。

例えば「世の中に受け入れさせてあげたい」だとか、「チャンスを与えてあげて欲しい」とか。

 

本当に、一度間違いを犯した人間は社会復帰できないのだろうか?

社会が受け入れる場所がどこにもなければ人はどうすればよいのであろう?

もし、自分が一度間違いを犯した後、心の底から反省したら、きっとこんな風に思うんじゃないだろうか。

『もう一度、いちからやり直させて欲しい』

その時に、「ふざけんな」「まだ早い」「戻ってくるな」「どうせおまえなんか変われない」「一度失敗したやつは信用できない」などと、誰もやり直すチャンスを与えてくれなかったら、あなたならどうする?

きっと、ヤケクソになるだろう。
もうそうなったら闇落ちしかないだろう。
どうせ誰も自分のこと信じてくれないと打ちひしがれ、やり直したいなんて希望は木っ端微塵に砕け散る可能性だってある。

自分を信頼しようとしてくれる人がいることで、人は変われるし本当の意味で強くなれる。
戻れる場所があるからこそ、受け入れてくれる人がいるからこそ、人はそこからやり直すことができるのだと思う。

 

 

ピエール瀧さんの今回のことも、したことそのものは決して肯定できることではないけれど、今からここから乗り越えていくことはできる。

乗り越える力には、人の愛や支えが必要だ。

反省して世の中に出るには当然風当たりは強いし、冷たい冷やかなコメントも多い。

ましてや芸能人ともなれば、一般人より何倍も風当たりは強くなるのは誰よりも本人が自覚して、反省して、覚悟を決めて復帰したいと志願している筈だと思う。

おそらく本人の心内は恐怖と不安でいっぱいなのだと推測する。

中にはチャンスを与えられたことや周りの手助けを忘れ、何度も繰り返す人間もいるが、人は変われることを信じて、復帰のチャンスを暖かく迎え入れる世の中になってもいいんじゃないかと僕は思う。

 

 

FMヨコハマココロヒーリング最終回のお知らせ

カテゴリー:ブログアーカイブ

今月12月29日日曜日を持ちましてラジオ番組ココロヒーリングを終えることになりました。

番組を長年ご視聴いただいたリスナーの皆様には心より感謝いたします。

ありがとうございました。

振り返りますと多くの芸能人、著名人との対談を含め、番組を通して多くの経験をさせていただくことができました。

そして、毎回多くのリスナーからありがたいお言葉を頂戴したこと原動力となり、

長く番組を続けてくることができました。

次回12月29日深夜11時半岡本マサヨシのココロヒーリング是非聞いてくださいね。

ココロヒーラー岡本マサヨシ

上に戻る
© 2010-2020 岡本マサヨシ