心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

ブログ

質を上げる

質を上げることは「満たされる」

につながります。

そしてそれが成長した自分をを引き寄せることにつながります。

わかりやすいところで

食事で考えてみましょう

牛丼の300円のランチ

1500円のイタリアンのランチ

味わうならどちらが満足感を感じられるでしょう?

もちろん1500円以上の価値を感じられるお店だとします。

当然答えはお分かりですね。

価格以上の価値を感じられて

料理のバラエティーの飛んでいる方が良いとなります。

いつも牛丼の自分

質が高い料理を味わう自分

自分が食べる質を上げることは

いつでもそれができる自分になりたいという

願望につながります。

人は願望を持つことから

前に向かう力が働きます。

今を感謝しつつ

更に質を高めることで

それを受け取る自分へと進んでいきます。

満足感を感じることはとても大切です。

自炊をする場合も同じことが言えます。

食材選びは満たされることにつながります。

約束の大切さ

約束とはなんでしょうか?

「約束とは実行を保証します」ということです。

今日は約束の中で誰もがついてまわる

「時間」にまつわる約束について考えてみましょう

最近約束を簡単に破ってしまう方が多いと感じています。

それには携帯電話の普及も手伝っていると思います。

10分遅れる、30分遅れるなど

昔では考えられないことでした。

約束は約束

決めたことは守らなければなりません。

しかし

ちょうど到着する時間に出発しようとするのでゆとりがないんです。

前もっての準備ができていないんですね。

最近リスケという言葉も頻繁に使われるようになりました。

約束してもう一度再度スケジュールを組み直して欲しいの意味です。

しかし、約束とは何なのでしょう?

もう一度の意味を再確認ですが

「実行を保証しますという意味です。」

あらゆる事をを想定して

それでも約束するかしないかを

考えるべきなんです。

何となく安請け合いするから

後から面倒くさくなってしまうのです。

面倒くさくても行くべきです。

約束の後のアポは断るべきですね。

これは優柔不断なパラレルワールドを

作らないことにつながります。

意識の顕在化、引き寄せを肯定的に進める上で

とても大切な作業です。一つ一つの実績の積み上げが

「信頼」になります。

約束したらその約束をとても大切に扱う!

その事が愛を与え愛を受け取る上で

地球人として今必要ですね

ピンチをチャンスに変える

いつもよく行くレストラン

野菜が汚れていました。

店員さんに伝えたところ

ごめんなさい

1枚が3枚になりましたー

と野菜の葉が増えてかえってきました。

ピンチをチャンスに変える人は

気持ち良い

短所も長所も存在しない!

人は長所、短所という捉え方をします。

会社面接でもあなたの長所は?あなたの短所は?

と聞かれます。

スピリチャル的な見地から言いますと長所も短所もありません。

良いも悪いもないのです。

世の中のいう長所短所は

ズバリ個性なのです!

自分のここが欠点と思うならば全て書き出し作業をして見てください

まず自分が短所とおもっている事を書き出してみます。

例えば短所がせっかちだと思い

紙にせっかちと書きます。

ではせっかちを肯定して書いてみてください。

例えば

せっかち⏩行動が早いとなります。

おせっかいな自分⏩面倒見がよいとなります。

日々の生活の中で自分を否定したり

他人を否定する自分がいたら

このように切り替えて捉えてみてください。

とても自分も他人も優秀に見えてきますよ。(^o^)

見つめる

 

ある人のメールマガジンを受け取ったら

苦しいことは見ないようにしましょうとありました。

なぜこのような発想にいたるのでしょうか?

見ないことはその場をスルーするだけです。

そして自分の反応も気がつかなくするだけなのです。

これは逆効果になります。

苦しいことから目を背けたところで

また苦しさは訪れます。

そして見て見ぬ振りを続けるのです。

これは成長はないですよね

 

私たちは常に自分の反応に気がつけるように

感覚、感情が存在します。

神からの素晴らしい贈り物です。

苦しさや喜びや悲しみや痛みに気付いて

本質を知るのです。

本質は我慢するものでなく

とても自然体で味わい深いものです。

仕事の頑張りも不安がつきものです。

恋愛にも不安がつきものです。

お金にも不安がつきものです。

しかし

なぜ不安なのかが大切なのです。

そこにコミットするからこそ

答えがあるのです。

 

見つめる癖をつけてください。

その先に安心が待っています。

上に戻る
© 2010-2020 岡本マサヨシ