心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

ブログ

断食2日目

今日は断食2日目です。

3か月前に行った時は1週間の断食でした。

今回は3日間なのですが

昨日よりは肉体的にもリラックス感ゆるみが感じられて良いですね。

やはり断食の良さは「ゆるみ」ですね

時間がゆっくり流れている感が増します。

感性があがるのと同時に

エゴのエネルギーが少なくなるので体感的にも感情的にも

わかりやすいですね

胃袋あたりがエゴのエネルギーがたまり場所なので

自分の思い通りにならないとイライラしたりする人は

胃袋付近にモワっと感を感じるのが特徴です。

胃に物をいれない、諦めるが長い時間続きますので

欲望をつかさどっている胃の付近が解放されて

ゆるんでくるのだと思います。

では自分の思い通りにならない出来事が起きた時に

どのように自分と向き合うと良いかをお話しましょう。

一番エゴが表面化しやすい相手がパートナー関係です。

自分の妻なのに夫なのに彼なのに彼女なのに

なぜなの?なぜそんなこと言うの?なぜするの?

などが一番わかりやすいパターンでしょうかね。

そのような時は自分の胃から腸にかけて思いしこりのような

ものがうごめいている感覚をえるはずです。

そのときは自分の思い通りにならない事柄のいらだちが

大きく膨らんでいるのです。

まずはエゴが(自己中心的思考、自己防衛力)が拡張していることに

気づいてください。

そのときこのように考えます。

「みんな私が思うように考えるのだろうか?」

わたしの考え方が全て世界基準なのであろうか?

そんなはずはありませんよね

人は十人十色

それぞれの考えがあって良いのです。

エゴ的に人を動かしてもそれは一時的です。

本質的にその人がそうなりたいと思っていないわけですから

本質はかわらないのです。

本質的には

①今の彼、彼女を心から認める

②自分の固定観念を解放してあげて自分を自由にする

が自分の流れを良くする自分との向き合い方です。

その流れを作る上で断食はとても良いサポートになるでしょう。

 

 

適職と天職②

天職は最初お金になりづらいケースが考えられます。

好きな事なので収益はあまりどちらでも良いと思うからです。

それでも楽しさを継続する中で

しっかりビジネスと捉えられるようになり、

エゴ的では無く、人に感動を与える、人のためになる、愛を提供するなどが増えてくると

収入も増えてくるケースが多いです。



 

 

 

3日間ファスティング(断食)

明日から3日間ですがファスティングをすることにしました。

秋は食事がおいしいだけにそろそろやらねばなぁと持っていたので

短い期間ですが頑張ります!!

陰膳

ご先祖供養はとても大切です。

陰膳(かげぜん)という風習をご存知でしょうか

陰膳は、旅行などで不在の人のために、家族が無事を祈って自分たちと同じものや、本人が好きなものを供える食膳のことです

これは亡くなった方に対しても
よいことなのです
特に普段なかなか先祖供養ができない方は

ご先祖様に陰膳を供えるといいでしょう

ワンプレートで構いませんので
自分たちの食事を少しずつ

好きなものが分かっていれば
それを供えましょう

父方と母方がありますから
それは2皿に分けて
お酒などはきちんと盃に注ぐようにします

旅行などに行く場合は旅先でも構わないのです
ご先祖様には気持ちが伝わります

ご先祖様があっての自分たちですからね

 

 

 

適職と天職


適職と天職の違いについてお伝えしたいと思

います。

適職とはわかりやすく伝えるならば

お金を稼ぐ上で割と簡単に稼げる仕事を選ん

でいる場合は適職です。

この場合スキルを向上していき経験とともに

給料もついてきやすいのが特長です。

しかし、楽しいと感じられることばかりとは

いかない場合も多いです。

通常、学生卒業と同時に採用決定した中から

自分が働く事がイメージできる所を職場に選

びます。

専門職意外は部所や配属先も自分で決められ

ないケースも多いのが現状です。

やりがいや楽しさは継続から生まれ、徐々に

適合していくのです。

不適職な仕事を選んだ場合は精神的不安から

病気を患う、スキルが伸び悩む、収入が伸び

ない、不満が多くなり常に辞めたいという意

識を感じるでしょう。

もう一つ適職についているかを調べる方法が

あります。

あなたがもし今働いている会社の社長だと想像してください。

社長のあなたが今のあなたを採用し続けるこ

とをするかどうかを考えて見てください。

そして、もしあなたが社長だとして今のあな

たを採用したくないと思考するなら

どんなあなたになれたら採用し続けたいかも

同時に思考してみてください。

そしてあなたが社長の時の要望をあなたが

近い将来期待に答える自信があるか否かが

ポイントになります。

結果が生まれづらい仕事をするよ

りも転職をするのも一つの手段の場合もある

ことを知ってください。

しかし、最低三年くらいは頑張りきったと思

えるかどうか、やりきった感があるか否かが

重要なポイントです。

次回は天職についてです。


 

 

 

上に戻る
© 2010-2020 岡本マサヨシ