心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

ブログ

観念を外す方法

観念とは絶対〇〇のはずだ!のように決めつけてしまっている状態を言います。

しかしこの絶対の状態に固定されているとなかなか新しい情報を入れたり

書き換えすることが困難になります。

あの上司は絶対性格が悪い、あのお店は絶対誰もが美味しいと思う、彼は私の事が嫌いなはずだ・・など

思い込みは自分の可能性を狭めるだけでなくチャンスも逃しやすくなります。

その状態から抜け出る為の方法は一つ。

自分にこう聞いてみてください。

「ほんとうに絶対なの?」

絶対そのものに疑問をいだいてみてください。

私が美味しかったから誰もが美味しいのでしょうか?

私が嫌いだから本当にその人は悪なんでしょうか?

彼の心はほんとに私を嫌っているのでしょうか?

このようにです。

その時点で観念はかなり外れてきます。

私たち人間に絶対は存在しないんです。

次回は観念を外す効果についてです。

 

FMヨコハマ 新メンバー

 

 

 

 

 

今日は三浦由起子さんが僕の番組ココロヒーリングのレギュラーとして第1回目の収録でした。

彼女は流石です。

とても話しやすく引き出し上手で、リスナーの皆さんに楽しみにしていただける番組作りができるという確信を得ました^o^

寒い地域生まれの三浦さんはやはり日本酒好きなんだろなぁ

次回の収録後は飲み会なので彼女ののみっぷりを報告します。

 

毎週日曜日FMヨコハマココロヒーリング次回のオンエアー是非聞いてくださいね。

 

 

image image

絶対を排除②

絶対とは観念である。

強い思い込みなので成長を妨げる大きな原因になる。

本当はもっと自分にあった仕事、パートナー選び、生き方全般がある可能性を妨害することになる。

ではなぜ人間は観念を作り出すのか?そもそも生まれたばかりの赤ん坊は観念は無い。

親の差し出すものは疑うこともせずに何でも口に運ぶ無垢な状態だからだ。

思い込みが始まるのは成長期に親からの影響でインナーチャイルド(トラウマ)が形成されたことで、親の言ううことが逆らえ

ない、絶対という認識につながる。

次回は観念を外す方法について。

絶対を排除!!①

わたしたちは自分が確信したことは「絶対~」と口癖のように使うことがある。

しかしこれがとても自分の幅を狭めていることに気が付いていない人が多い。

この世の中にぜったいは無いからだ。

●絶対あの人は自分のことをこう思っている

●絶対おいしいと思う

●絶対あなたはあの人の方がいい

●絶対こうするべき

絶対って ほんとに 絶対なの

100%ってことだけど。

私たちは自分の目線で人や物事を判断しやすい。

善意で伝えているつもりだろうけどその伝えたことが原因で

相手は視野を狭めているのだ。

相手に影響を及ぼしていることになる。

人に影響力がある人が「絶対」をつたえると

それが正しい事と誰もが錯覚する可能性が高くなる。

これは伝えた方もカルマをつくる。

なので僕は絶対を自分の会話から排除することに意識をむけている。

あなたは私③

人間が地球に生まれた意味はもちろん成長、楽しむ、学習するなどがあげられます。その上で一人一宇宙はすばらしいシステムです。相手を通して全て自分に投影されてくるわけですから、自分そのものの思考、行動を変えなければ出来事は常に同じ次元の出来事が繰り返されてくるのです。

NHKのTVを見ていて勝手にフジTVにチャンネルがかわることはありません。

フジテレビを見よう、お笑いを見ようと思考しチャンネルを自ら変える必要があるのです。愚痴不平不満のチャンネルを見続けていれば起きてくる現実は愚痴不平不満を言い続けることになります。

すなわち私たちは相手と思っている他人を(幻)通して常に自分を見てるのです。

相手(家族、友人、上司、パートナー)はあなたの宇宙映画のエキストラです。しかも自分で作り出したエキストラです。自分が何役も行っているのです。

自分が自分思考したことが当然自分に返ってくるわけです。

パラレルは自分で作り出し、自分でいかようにもチャンネルを変えることができます。ならば理想的なチャンネルを見たいですね。

次回は意識の変え方についてです。テーマは絶対を排除!!

上に戻る
© 2010-2021 岡本マサヨシ