心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

カテゴリー

諦めることについて

カテゴリー:うつ改善 お金 インナーチャイルド エゴ バーストラウマ バーストラウマとインナーチャイルドの影響 人生を味わう 仕事 引き寄せ 影響 思考 意識 感情 教育 日々の出来事 書籍

今日は『諦める』ということについてです。

さてこの諦めることって深いなぁっていつも考えさせられます。

諦めてはならないという言葉はチャレンジ精神に火をつける上でも日本人が高度成長期に使われてきたからこそ戦後の日本をここまで発展させてきたのでしょう。

また諦めも肝心と言われるとなんとなく肩の力が抜けてホッとできるようなイメージもあります。

この諦めるタイミングってどのタイミングでまた諦めない精神はいつまで続ければ良いのでしょうか?

僕自身の今までの人生を振り返ってみると諦めなければならない出来事があり諦めきれないけど諦めたら次の流れに乗ったという経験がありました。

でも今僕が行ってる仕事はヒーラーという仕事です。

諦めかけている人や、もう諦めている人も僕が扱うヒーリングを受ければとんでもない効果を発揮することを日本全国、いや世界に伝えたい!

この気持ちは『絶対に諦めたくない』という精神が支えているように思えます。

今こそ6000人を超えるクライアントに心浄術の凄さが口コミで広がってきましたが

まだまだ日本全国規模で考えますとほんの一部の人にしかヒーリングの情報は伝わっていません。

最初美容師であった僕は(今も美容師ですが)

今から10年前に小さな個室美容室を自分の再出発のためにオープンしました。

再出発というのはその数年前に10店舗の美容室をたたんできたからです。

その当時の僕は身も心も折れていました。

10代で東京に田舎から上京してきて食べる術として飛び込んだ美容師の道でしたが、

夢を膨らませて事業を拡大して結果、全てのお店を無くす経験をしました。

また、同じ時期に重なるように長年うつ病を患っていた母親が車に飛び込み即死という信じたくない出来事もありました。

母ひとり子ひとりで家族を失うことはそれはそれは辛かった経験でした。

おまけに15年頑張ってきた店、スタッフをなくしたことのダブルパンチは諦めきれなかったけど、生きていくためには諦めて忘れるしかありませんでした。

その当時の僕はもう、美容師もやめてしまいたかったけれど

しかし食べて行くためには手に職を持っている以上、結果的に美容師を続けていくことしか考えられませんでした。

諦めて得たもの

諦めて(手放して)がむしゃらで1年間年中無休でお店を開け続けました。毎日マンツーマンでシャンプー、パーマ、カット、カラー朝の7時から夜中の2時3時まで働き続けました。

頑張った甲斐あってお客様が少しづつ増え、1年で予約が取れないくらい人気の美容室になっていきました。

そして運命的な出会いがあり、今の心浄術の元となるヒーリングに出会いました。

ヒーリングを受け終えた僕は今までの苦しかった人生を全て水に流せました。

心の中から不安や悲しみが消え去っていき、新たに人生を生き直せている感覚がたった数ヶ月で思考が180度変わったこのヒーリングに正直身も心も惚れ込んでしまいました。

どうしたらこの素晴らしさを日本に普及できるのか、その日から真剣に考えてきました。

その気持ちは今日も何一つも変わっておりません。

このヒーリングが日本を救うと今も心から信じています。

田舎の小さな美容室でヒーリングをメニューに入れることは『目に見えないヒーリングなんて信じられない怪しいと思うお客様が増えていきせっかく掴んだお客様がいなくなるではないか?』と考えなかったのですかという質問をよくされます。

しかし、僕はどこかそれも手放せていました。

すなわち不安がなかったのです。

本物は嫌でも広がるからです。

髪の毛は他にもたくさん美容室はあるけど心を楽にしてあげれるのは僕しかいない!救いたいんだ!諦めさえしなければ、変わりたい、幸せになりたい、そう願い僕とクライアントが出会えれば悩んでいる人を救うことができる。僕はそう信じてきました。

今もヒーリングを受けた人の家族が噂を聞きつけて毎日ヒーリングに多くの方が来られます。

私の弟子たちも少しづつですが増えてきています。

私は諦めたくなかったことを諦めて今があります。

でも夢は諦めていません。

この相反する諦めと諦めないを見つめながらもう少し深く見つめていこうと思います。

人生は本当に面白いです。

 

子供とのかかわり方②

カテゴリー:教育

スマホのやりすぎでイライラしている親の話が良く見かけます。
勉強しなければいけないのにLINEにばかり気を取られている。
たしかに今そんなことしてる場合なのって思いますよね。
しかし頭ごなしに叱っても
本人から自発的に意識がかわらなければ
うるさいなーで終わってしまいます。
その場はとりつくろって陰でまたやる。
そのパターンから回避するには
子供にやらせようでは無く
心の通った会話が必要になります。
携帯やスマホは今の時代コミュニケーションツールでなくてはならない時代に
入っていることを親も自覚してあげる必要があります。
否定するのではなく
携帯も必要を大前提で話し合ってください。
「気持ちはわかるよ」
今LINEでのやり取りが第1優先なのか
勉強が第1優先なのかを決めるのは君だよって伝えてあげてください。
本人が自覚しなければ心は変われませんから

子供とのかかわり方①

カテゴリー:教育

子育てで難しいのは強制しないで子供が自分から自発的に学ぶ気持ちが出るように
親がどうかかわることが良いのかを取り組むことです。
子供はもちろん親に喜んでもらいたいから学問や習い事などをやります。
しかし、親に喜んでもらうことだけに意識を置いている場合は
親が子とのかかわりで親が喜ぶ顔をみたいからやっている!という思考になるように
教育してしまっている可能性があります。
インナーチャイルドですね。
子供は自分がやりたいからやっている。楽しんでいる。学んでいる。
これが正常です。
この場合子供の目線になり
コミュニケーションを増やす必要があります。
一緒に喜びを分かち合うとともに
子供が心から楽しんでいるのかを確認してあげる事も
大切です。

上に戻る
© 2010-2018 岡本マサヨシ