心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

ヒーリングを仕事にするとは?

ヒーリングを仕事にする方をヒーラーと一般的に呼びます。

ヒーラーとは既に自分が癒されていて、他人を癒す人のことを言います。

 

自分自身が癒しを求め、その自己経験から感動を覚え、自分が施す側の立ち位置に立った人のことです。

美容師やネイリスト、セラピストのように肉体にアプローチして美容や健康をサポートするお仕事と同様、エネルギー体にアプローチしてトラウマを解消し、精神を健康にするのが心浄術ヒーリングです。

岡本が行う心浄術ヒーリングとは高次元領域の存在と直結して、人を幸せに導く技術の一つです。

ヒーリングというネーミングは今やたくさんの技法に用いられますが、その中でも心浄術ヒーリングは潜在意識の深いレベルから人を癒し、施術が終了した後には心の領域を明確に認識できて、感情のコントロールや常に安定した意識状態へと変化します。

 

プロフェッショナルになる

仕事とは対価をいただくことで成り立ちます。なぜなら双方に感謝というエネルギーで対等な立ち位置をキープすることができるからです。

ヒーリングを行う上で対価をいただくことに不安や抵抗を感じる方がいますが

その意識状態もトラウマが影響しています。

上記に述べたように、ヒーリングも技術職だと捉えるならば、自分が提供する技術による対価をいただくことに不安や抵抗を感じているようでは、『その道のプロ』とは言えないと思います。

深いレベルで自分が癒された後にヒーラーを仕事にする場合には、このような不安は取り除かれます。

 

エネルギーを視覚し、適切に扱うには、持って生まれた潜在能力が必要と言われます。

もちろん、それは大前提であり、実はそのように能力を扱える者たちは多く存在しているのも事実です。

しかし、身につけた能力を本当に人のために役立てている人はとても少ないように思います。

身につけた能力を適切に扱い、どのように人の役に立とうとするのか。

そして、更なる自身の能力の向上に努め、プロフェッショナルへと極めていくのか。

これらの知識やノウハウを学んだ上で、エネルギーを視覚し、適切に扱う者として自己の能力を存分に発揮することで、プロフェショナルなヒーラーとしての在り方が理解していくと考えます。

上に戻る
© 2010-2017 岡本マサヨシ