心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

カテゴリー

仕事に迷いを感じる人は

カテゴリー:仕事

『好きこそ物の上手なれ』という言葉を聞いたことがある人も多いのではないであろうか?

好きだという一心で物事を極めていく素晴らしさを例える言葉で僕も好きな言葉だ。

一心不乱に物事をやり続けることで潜在的に潜んでいる好きがどんどん増していく場合と

最初から大好きな世界だけに一心にやり続けていくことで更に磨きをかけて
極めていく場合がある。

僕が美容師や心のヒーラーを選んだのも訳がある。

書籍『幸せをみつめられるようになってごらん』岡本マサヨシ著書(僕の書いた本)では
18歳で福井県から東京に上京してきたマサヨシが東京駅名店街で美容室の入り口に張り出されている
人材募集の張り紙を見て面接してもらったという話のくだりがあるのだが、それは確かに実話である。

もし興味がある方はこちら

これだけを読むと興味がない世界にいきなり僕が飛び込んだかのようにも受け取れるのだが
今も52歳の僕が美容師を続けてこれたのは、元から髪の毛をヘアセットするのが好きだったんのだと
後から僕は気づいたのだ。
気づいたのは40歳くらいになってからなのだけど、そもそも嫌いな世界を最初から選ぶ人はいない。
例え選んでも長く続く筈がない。

昔(僕が18歳くらいの時代)の美容室は徒弟制度の真っ只中で、先輩の言うことは絶対だった。
美容室での昼飯は、スタッフ全員分まとめて買いに行くのは下っぱの僕が担当だった。

女性の先輩は生理用品も一緒に買ってくるようにいう人もいた。
銘柄を間違えて買ってくるとそれだけをもう一度交換しにいくのがとても恥ずかしかったのを覚えている。

僕は一人っ子で喘息持ち。
体を鍛えるために小学3年生から始めた空手は高校まで続け、
県大会で優勝するくらいまで男の『オッス』の世界にいた僕には整理用品売り場は苦しかった。

そんな経験が美容師は好きで始めたのでは無い!あえていうなら嫌い!
このように僕を思わせていたのた時期もあった。

考えてみりゃ髪の毛のセットが決まらなければ高校にいかなかったくらい
髪型命だったのは美容師を選んだのも潜在意識だったのだろうと解釈できる。

プロで食べていくと言うのは好きという自分から更につっこんだ所にいく必要がある。

仕事でプロとは10年以上継続してきて、その仕事でご飯が食べれていることを言う!

仕事にするのは結果を出す必要が必然的におきてくる。

ライセンスをまったく活かせていない人も沢山世の中には存在する。

それは美容師やヒーラーも同じである。

免許は取ったが仕事をしていない人は大勢いる。

そのような人には共通性がある。

それはやらない、できない理由を自分以外の原因にする天才である。

・人間関係が合わない。
・環境が良く無い。
・通勤時間が長い。
・食事を取る時間が無い。
・給料が安い。
・体が辛い
・心が辛い

全て自分が決めて始めたのに、自分以外の原因を見つけることだけに
意識を向けている。

仕事でいう成功とは?

・その世界で食べられていること。
・仕事そのものを好きでいれていること。
・時間を忘れるくらい没頭できること。
・自分が誰かの役にたっていることに喜び、やりがいを感じていること。
・仕事、環境、人に感謝できていること
・人としての学び成長を感じられていること
これらどれか一つは必要不可欠である。

好きで始めたことを一心でやり続けていくことで見えてくる世界。
やりきった人だけに見えてくる世界。

苦しさ、辛さ、悩みも

『好き』が勝っていたからこそ
乗り越えられていくもの。

それがあるからこそ、ピンチをチャンスにかえるアイディアや
底力が湧いてくるのだから。

そこには人間関係
お金、やりがい、体の健康、心の健康

あらゆる管理がついてまわる。

好きは人を成長させてくれる。

僕は自分の経験を通して深くそう実感している。

僕がヒーラーも美容師も長く続けてこれた源は好きを大切にしてきたからだと心から思う。

心から好きと思える仕事

カテゴリー:仕事

好きという気持ちは乗り越える力を持っています。

『好きこそ物の上手なれ』ということわざもあるように

要はそのことが好きなのかそれとも好きじゃないのかで大きく変わってきますね

例えば仕事

好きな仕事をしていればお金が安いからとか

時間が長いからとか

誰かとそりが合わないからとか

何かしらの理由を作って自分を正当化することはしません。

仮に目線がずれてしまったとしてもやっていることが好きならば

原点に帰れたりします。

好きは人が横道それても軌道修正してくれたり

本質に気付かせてくれたりします。

今やってること

今住んでる地域

今付き合いのある人に対して嫌いと捉えている場合

その理由はあるはずです。

嫌いの理由を見つめてみてください。

本当は好きなのかもしれないという目線で見つめてみてください。

 

僕は昔、歌が好きで歌手になりたいとずっと思っていました。

食べるために美容師という道を選んだのですが

昔は歌手になれなかった自分、夢を諦めてしまった自分に自己否定感がありました。

今考えてみますと本当に歌手になること、歌を歌い続けることが

心から好きならば何としても夢を叶える努力をしただろうと今振り返りますと思います。

 

僕はヒーラーになるためにはいかなる努力も惜しむことはありませんでした。

人が幸せになっていくことがたまらなく楽しく感じる自分がいるんですよね

だからいつ、どんな時も人と出会うとヒーリングの素晴らしさを伝えたくなります。

 

今までやめた会社や仕事がある方もいると思います。

でも大丈夫です。

それは本当に好きではなかったのかもしれません。

これから心から好きと思える仕事に出会えることを願っております。

諦めることについて

カテゴリー:うつ改善 お金 インナーチャイルド エゴ バーストラウマ バーストラウマとインナーチャイルドの影響 人生を味わう 仕事 引き寄せ 影響 思考 意識 感情 教育 日々の出来事 書籍

今日は『諦める』ということについてです。

さてこの諦めることって深いなぁっていつも考えさせられます。

諦めてはならないという言葉はチャレンジ精神に火をつける上でも日本人が高度成長期に使われてきたからこそ戦後の日本をここまで発展させてきたのでしょう。

また諦めも肝心と言われるとなんとなく肩の力が抜けてホッとできるようなイメージもあります。

この諦めるタイミングってどのタイミングでまた諦めない精神はいつまで続ければ良いのでしょうか?

僕自身の今までの人生を振り返ってみると諦めなければならない出来事があり諦めきれないけど諦めたら次の流れに乗ったという経験がありました。

でも今僕が行ってる仕事はヒーラーという仕事です。

諦めかけている人や、もう諦めている人も僕が扱うヒーリングを受ければとんでもない効果を発揮することを日本全国、いや世界に伝えたい!

この気持ちは『絶対に諦めたくない』という精神が支えているように思えます。

今こそ6000人を超えるクライアントに心浄術の凄さが口コミで広がってきましたが

まだまだ日本全国規模で考えますとほんの一部の人にしかヒーリングの情報は伝わっていません。

最初美容師であった僕は(今も美容師ですが)

今から10年前に小さな個室美容室を自分の再出発のためにオープンしました。

再出発というのはその数年前に10店舗の美容室をたたんできたからです。

その当時の僕は身も心も折れていました。

10代で東京に田舎から上京してきて食べる術として飛び込んだ美容師の道でしたが、

夢を膨らませて事業を拡大して結果、全てのお店を無くす経験をしました。

また、同じ時期に重なるように長年うつ病を患っていた母親が車に飛び込み即死という信じたくない出来事もありました。

母ひとり子ひとりで家族を失うことはそれはそれは辛かった経験でした。

おまけに15年頑張ってきた店、スタッフをなくしたことのダブルパンチは諦めきれなかったけど、生きていくためには諦めて忘れるしかありませんでした。

その当時の僕はもう、美容師もやめてしまいたかったけれど

しかし食べて行くためには手に職を持っている以上、結果的に美容師を続けていくことしか考えられませんでした。

諦めて得たもの

諦めて(手放して)がむしゃらで1年間年中無休でお店を開け続けました。毎日マンツーマンでシャンプー、パーマ、カット、カラー朝の7時から夜中の2時3時まで働き続けました。

頑張った甲斐あってお客様が少しづつ増え、1年で予約が取れないくらい人気の美容室になっていきました。

そして運命的な出会いがあり、今の心浄術の元となるヒーリングに出会いました。

ヒーリングを受け終えた僕は今までの苦しかった人生を全て水に流せました。

心の中から不安や悲しみが消え去っていき、新たに人生を生き直せている感覚がたった数ヶ月で思考が180度変わったこのヒーリングに正直身も心も惚れ込んでしまいました。

どうしたらこの素晴らしさを日本に普及できるのか、その日から真剣に考えてきました。

その気持ちは今日も何一つも変わっておりません。

このヒーリングが日本を救うと今も心から信じています。

田舎の小さな美容室でヒーリングをメニューに入れることは『目に見えないヒーリングなんて信じられない怪しいと思うお客様が増えていきせっかく掴んだお客様がいなくなるではないか?』と考えなかったのですかという質問をよくされます。

しかし、僕はどこかそれも手放せていました。

すなわち不安がなかったのです。

本物は嫌でも広がるからです。

髪の毛は他にもたくさん美容室はあるけど心を楽にしてあげれるのは僕しかいない!救いたいんだ!諦めさえしなければ、変わりたい、幸せになりたい、そう願い僕とクライアントが出会えれば悩んでいる人を救うことができる。僕はそう信じてきました。

今もヒーリングを受けた人の家族が噂を聞きつけて毎日ヒーリングに多くの方が来られます。

私の弟子たちも少しづつですが増えてきています。

私は諦めたくなかったことを諦めて今があります。

でも夢は諦めていません。

この相反する諦めと諦めないを見つめながらもう少し深く見つめていこうと思います。

人生は本当に面白いです。

 

休むこと

カテゴリー:仕事 日々の出来事 習慣

今日は「休み』について少し書いてみようと思います。

仕事の休み、遊びの休み、休みって何れにしても大切ですね。

体あっての人生です。

自分の体を大切にしなきゃですね。

僕はクライアントから休んでいないと思われているようです。

確かにハードズケジュールをに見えるかもしれませんが

みなさん僕はしっかり休んでいますよ

睡眠も6時間半は寝てます。

休みも週に1回は必ず休みます。

旅行もします。

お酒も飲みます。ちょっと飲みすぎかも

というふうに仕事バカではないです。

僕の思う仕事ができる人は

仕事を休むときにしっかり休める人だと思います。

そのかわり遊びも休めることができる人でもあります。

仕事も遊びもしっかりやる!

これ大切です。

適職と天職②

カテゴリー:仕事

天職は最初お金になりづらいケースが考えられます。

好きな事なので収益はあまりどちらでも良いと思うからです。

それでも楽しさを継続する中で

しっかりビジネスと捉えられるようになり、

エゴ的では無く、人に感動を与える、人のためになる、愛を提供するなどが増えてくると

収入も増えてくるケースが多いです。



 

 

 

上に戻る
© 2010-2020 岡本マサヨシ