心浄術とは

「心の汚濁(おじょく)の解消へ」

「心の汚濁(おじょく)の解消へ」

古神道、陰陽道の流れの中で脈々と息づいてきた日本古来の意志と技術を受け継ぎ、現代人の「心の汚濁」を解消し「本質的な自分」を取り戻すために誕生したのが「心浄術」です。

「本質的な自分」を取り戻すために、心浄術師の良質なエネルギーにより清浄し「心の汚濁」を解消していきます。

解消した汚濁は元に戻ることがなく「本質的な自分」を感じることができ、心の底から本当に満たされます。

また、新たに作られることもないので、生涯においての効果が得られます。

リバウンドしない(元に戻らない)

取り去ったネガティブなエネルギーはもとに戻ることがありません。新たに作られることもないので、生涯においてずっと変化した効果が得られます。人生の宝物と言っても過言ではないほどに大きく人生を好転させてくれるヒーリングです。

最短3ヵ月で自分そして人生が変わる

なりたい自分、歩みたい人生へと変われるまでに要する期間が、最短3ヵ月です。最適なスピードで自分らしいあなたへとなっていきます。

遠隔で施術を受けられる

どこに居ても、オンラインまたはお電話での遠隔でヒーリングを受けていただくことが可能です。海外からでもOK
対面セッションも可能ですが、効果は全く同じです。

・・・あなたはこんな引き寄せたい願望を持ち続けていませんか?・・・

・恋愛を成就させたい

・運気や流れを良くしたい

・お金に対する不安感を取り除きたい

・パートナーや家族を心から信頼し、優しい気持ちを通い合  

 わせたい

・仕事や学習、スポーツなど努力しただけの成果をだしたい

・心の平安を感じながら、より自分らしく生きたい

・もっと今以上に幸せに暮らしたい

・職場やコミュニティでの人間関係を改善したい

・潜在能力を引き出し、もっとできる自分を見つけたい

・常にポジティブでいれて、自分の願望を実現したい

・好きな仕事をしてお金を稼ぎたい

・・・あなたはこんなことを感じたことはありませんか?・・・

・将来に対する漠然とした不安がある

・思いどおりの人生を生きるのは難しいと思う

・人づきあいが怖いと感じることがある

・自分は、テンションの高いときと低いときの差が大きいと

 思う

・自分は、感情に流されやすい人間だと思うことがある

・緊張してしまい、失敗することがよくある

・幸福感よりも、不安やイライラ感を感じる事が多い

・もっと今以上に幸せに暮らしたい

・職場やコミュニティでの人間関係を改善したい

・潜在能力を引き出し、もっとできる自分を見つけたい

・常にポジティブでいれて、自分の願望を実現したい

・好きな仕事をしてお金を稼ぎたい

・目標は実現してきたし、不自由はないけど、今ひとつ満足

 感がない

本来このような悩みや願いは「自然の流れ」の中で叶ったり、引き寄せたり、解消したりするので持ち続ける必要はありません。

というのも「引き寄せの法則」や「思考は現実化する」で、語られるように「法則」が作用していて純粋な願いは自然に叶うようになっているからです。

けれども、現実には叶わない願いや、解消されない悩みが溢れているように見えます。

・・・なぜでしょう?

それは無意識のうちに「自然な流れ」を妨げている「心の汚濁」が影響を与えています。

その「心の汚濁」を取り除くと本当の意味での精神安定が得られます。

心のすす(汚濁)と「ガラクタ」(不要な観念)を取り除くことによって、「流れ」を妨げるものがなくなり、自然にポジティブな変化が起きていきます。

人生にポジティブな変化が起こるにつれ、本来「願いは叶うもの」、「人生は思い通りになる」、という感覚が沸いてくるでしょう。

徐々に、「人生」は格闘したり、克服する対象ではなく、流れにのって、調和していくものへと変化していきます。

そして、あなたはリラックスして幸せに過ごしはじめます。

この状態で過ごしていると、消耗することが少なくなり、持てるエネルギーをより効果的・効率的に利用できるのでいっそう「願いは叶う」体験が増えていきます。

このように、人生はポジティブなサイクルで回りはじめます。

人生から抵抗を取り除いて、自分らしく夢を叶えていきたい、そんなポジティブな変化をお望みのあなたをお手伝いします。

心浄術ヒーリングは、目を閉じて『上質な気』を受け取るだけ。

用意するものはただひとつ、「変わりたい」という気持ち。

これを1週間に1度位のペースで12回行います。

施術後は時間の経過と共にゆっくりと「心のすす(汚濁)」を減らしてゆきます。

ふとした瞬間に、あなたは自分のちょっとした変化に気づき、それを楽しみながら毎日を過ごすようになるでしょう。

そして12回を終えた3ヵ月後には、あなたが本来なるべき本質の豊かな心にもどっていることでしょう。