心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

ブログ

セラピー犬ハクくんがデビュー

昨日、僕の美容室に愛犬であり、セラピー犬の訓練を受けてきた伯(ハク)くんがめでたく初出勤をいたしました。

お客様一人ひとりを出迎えて帰りはお見送りする姿はたのもしさを感じました。

今後ですが徐々に桜千道には連れてこれるようにしていこうと思います。

ハクはイギリスゴールデンレトリバーという犬種で体が真っ白なんです。

イギリスの伯爵のような高貴な犬をイメージして名づけました。

昨日はFMヨコハマを聞いてくださっているリスナーの方もお客様として横浜から美容室にご来店いただき、ちょうど伯とご対面!

とても喜んでいただけて僕も伯も嬉しいかったです。

よかったら一度伯の姿を見にきてくださいね。

あなたの人生を決めているのは神ではありません

こんばんは

人生苦しい経験をしている時は神様、『どうかこの現実を回避させてください』

そう思う経験をした方もいるのではないでしょうか?

僕も昔は人を信じられなくなったり、目を疑うような出来事に遭遇すると

神様助けてくださいと思ったこともありました。

そもそも神様は私たちをずっと見守り続けて下さり、成長するチャンスを与え続けてくださっています。

今起きている現実は全てが自分で引き寄せています。

神様が私たちにの人生を決めてはいません。

 

 

 

 

 

 

周りの価値観に踊らされないこと

今日は価値観についてです。

皆さんは何に価値観を感じますか?

価値観は人それぞれ違います。

価値観は子供の頃に大半作られています。

無意識に誰かの影響を受けている可能性もあります。

憧れている先輩や友達、親からの影響もあると思います。

誰の影響を受けても良いものですが

誰かに強要することはしないのがげんそく

大豪邸に住んでいるから凄い。

1本数万するワインを開けて飲むから凄い。

世界に1台しかない車を持っているから凄い。

年収が何億円だから凄いなど

 

これらは価値を感じる方からすれば価値があるものかもしれません。

しかし

家に興味がなく、転々と家を引っ越すことに楽しみを感じる方にしてみれば価値を感じませんし、お酒が飲めない人は100万のワインをもらっても飲むことができません。

免許がない人からすれば高級車より電車が便利かもしれないです。

このように価値観は周りが決めてるものではなく、自分が決めることが大切です。

年収を何億円と稼ぐために犠牲することがあるならそれに価値を感じない人もいるのです。

価値観は人それぞれ違うと捉えていた方が良いです。

自分の価値観を子供に押し付けたり、他人に押し付けることをやめることで

本来の人間が持っている自由や愛に気づきやすくなります。

 

気がつかないうちに価値観を押し付けられて洗脳されていることに気がつけていない人もたくさんいます。

こうあるべき、こう生きるべきを手放すことができると幸福感が見えてきます。

 

人間が最終的に向かうところは肉体の死です。

生きている目線から物事を見ている以上は、本質や本当の幸せは見えてきません。

究極の未来は死です。

これは誰もが同じ。

イメージの中で究極の未来から今を見つめれば全てありがたいと

感じられるでしょう。

 

怠けることも必要

先日クライアントから『ダラダラしてしまう自分がいるのだけど

なかなか治らないのですが?』

という質問がありました。

よく聞いてみると仕事が休みの日にダラダラしてしまうということでした。

『休みにダラダラすることは良いのではないでしょうか』とお伝えしましたが

ダラダラしている自分を自己否定している様子でした。

私は家でゴロゴロ何もしない日をつくりますが

そんな時間に感謝して楽しく過ごさせていただいています。

『ダラダラすることも楽しめば良いし、バリバリ遊ぶことも楽しめばいいです』と

お話ししたら納得していただけました。

楽しむという表現がなかなか伝わらないのかもしれませんが

感情が出る全て

怒りも 不安も 恐れも 悲しみも 寂しさも 喜びも 安心も

全〜ぶひっくるめて味わうことかなって最近感じています。

起きた出来事から何を学ぶか

最近感じることとして

メディアは何かの事件や出来事に対して善か悪かのような

コメントがとても多いと思います

人は成功から学ぶこともあるが

失敗から学ぶこともとても多い

ある意味深く反省する出来事から

心を入れ替える人の方が人として本当の意味で

変われるのではなかろうか?

ここ最近の芸能ニュースを見てとてもそれを感じるな

いっぱい反省する出来事が起きた時は

神様からのプレゼントですよ

周りも愛とは何かを深く見つめて

人が変われるチャンスを与えてあげて欲しいものです。

上に戻る
© 2010-2018 岡本マサヨシ