心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

ブログ

思い込み

思い込みが原因で生きるべき道を間違えている人が意外に多いと感じる

自分自身にはそのことが必要だと刷り込んでしまっているのだから無理もない。

このケースは自分に暗示をかけているのだが、

この仕事は自分に向いている筈だ

自分にこれは絶対必要な筈だ

これを無くしてしまったら後悔する筈だ

これらは思い込みの可能性が高い。

本来思い込みがない状態は

自分なら何でも環境に適応できると思う

今までもできてきたのだから状況が変わってもできると思う

無くしてもまた作れば良い

このように思考できている人は思い込みが少ない状態である。

わかりやすく言うと今の環境、続けているくことが苦しいならばそれはメッセージだと気づくと状況は好転する。

ポッドキャストを聞いて海外から来店

アラブに住まれている方が昨日ポッドキャストを聞いてくださって

美容室に会いに来てくれました。

嬉しいなぁーー

ご主人の仕事が油田関係で、奥様も一緒に海外生活をされているのだとか。

アラブではテレビ、ラジオも聞けないので海外でも聞けるポッドキャストで僕のラジオ番組

『ココロヒーリング』を聞いてくれていて、日本に帰国したので美容室桜千道に来てくれました。

ありがたいです。

人生の向き合い方とゴルフ

『ゴルファーって戦ってるんですね』ということを言われるのだが

僕はヒーラーであって平和主義。

戦っているつもりはない。

あえて言うなら自分のスコアーを更新したい、いいゴルフをしたい。

今日こそは課題を克服したいなどは思っているけど。

出来るだけ楽しみながらゴルフをしなきゃもったいないと思っている。

高いお金を払って、自分のスコアーに苦しみ、ため息ついてるんじゃ面白くない。

朝早くからいい空気吸って、綺麗な景色見て、ウグイスの声聞いて気分は最高♫

 

その日のスコアー悪けりゃ練習するのみ。

タイガーウッズ選手だっていつも自分と向き合い続けているに違いない。

そもそもゴルフってまっすぐ飛ぶことの方が少ないスポーツだ。

自分が打ちたい方向に飛ばなかったからとストレス溜めてたら心が病んでいく。

ミスショットをどう立て直すのかが面白いのだ。

これって人生そのものと思うことが多い。

人生も予期せぬ出来事はある。

だからと言って前に進まないのではもったいない。

予期せぬ出来事と向き合い、学び次に繋げていくこと。

ミスショットは他人のせいではなく、自分の問題。

人生も同じ。自分の問題であって、誰のせいでもない。

課題を克服した時に、地球に来た意味が理解できる。

51歳にして、まさかの挑戦!?

昨年の6月に僕のクライアントのお誘いでゴルフのコンペに参加することになり、

ゴルフ体験初心者な僕はブービー賞をいただくことに。

そしてコンペのパーティーで挨拶をすることになったのだが、

『ヒーリングはメンタルスポーツにも良い結果が出るので岡本先生のヒーリングを受けるとベストスコアー更新できるよ』という僕をT-UPしたコメントの後に『初めまして、皆さん、岡本マサヨシです。今回はブービー賞でしたが、次回までに練習して、リベンジしたいと思います。』そう話したのが昨年6月。

あれから3回コンペでリベンジングチャンピオンになり、コンペ荒らしとまで言われるまでに成長することができた。

ベストスコアーは3オーバー。前半39後半36(75)とまずまずの成績。

 

 

ヒーリングのクライアントもプロゴルファーが大勢受けに来ているのだが、その流れで来年なんとPGAのプログルファーになるための試験をを受ける決意をすることになった。

というのも、最初は冗談で『プロゴルファーななろうかなぁ』と一緒にまわっているプロゴルファーに話したら『「岡本先生ならなれると思う!!』という一言から始まった。

やれるのならやってみたい。

そんな気持ちが心の中から湧き出てきた!

毎日仕事を終えたら練習場に通い、毎朝近くのゴルフ場で早朝のゴルフをするようになった。

日増しにゴルフが好きになり、メンタルとスポーツの互換性を再認識しているのだが、

心浄術はほんとうにすごいと我ながら感じている。

そんな僕にすごいチャンスが訪れた。

なんと太平洋オープントーナメントという公式の試合に出てみないかというプログルファーのお誘いが先月あり、6月27日に予選に出場することになった。

アマチュアと回るのではなく、プロと試合をするのだからびっくりだ!!

昨年まで150回も叩いでいたゴルファーがまさかプロの公式試合に出ることを誰が想像したことだろうか?

周りは『緊張してますか?』と聞くが緊張はない。

ただ不安はある。

なぜなら、スコアーカードの書き方もアマチュアのコンペとは全く違うらしいのだ。
なんせ初めての経験なのだから味わうしかない。楽しむしかない。
なかなか自分の人生にこのような場面が訪れるとは思っていなかっただけに、新鮮すぎるチャレンジであるのは間違いない。

よし、今日も練習するかー。

 

癒されたい

癒し系という言葉もあるくらい、ストレス社会において人は常に癒しを求めています。癒されることは私達にとって欠かせられない健康法の一つではないでしょうか。犬や猫は飼い主から撫でられることでホルモンのバランスを整えて健康を維持しています。人間も人の手に触れることはホルモンのバランスや自律神経を整える効果があります。この人を癒すという立ち位置で代表的なお仕事としてヒーラーというお仕事があります。ヒーラーを育成するお仕事をする中で本気で仕事をする人とそうでない人がいます。どんな世界でも同じだと思うのですが、一つのことを物にする人を本物と言います。本気で物事を行う人のことです。ヒーラーにただ単に憧れてとか、興味本位でとか、そういう人は無数におりますが、ちゃんと計画を立てて、ヒーリングを仕事にしていく人は限りなく少ないように感じております。
これはヒーリングという仕事だからではなく、何の仕事をしてもやる人はやる、やらない人はやらないということが言えるにかもしれません。私は1日数十人のクライアントを30分刻みで毎日セッションを行い続けています。しかもクライアントは絶えることなく、日々紹介で増え続けています。決してそれが特別なことではなく私にとってはやることをやってきた結果なのです。結果を残すために私は諦めることをしません。一度決めたことは自分が納得するまでやり続けます。だからこそ今の自分がいます。これからもヒーラーを育成していくお仕事を続けていきたいと思っておりますが、本気で人を癒したいと魂に決めた人と出会いたいものです。

上に戻る
© 2010-2019 岡本マサヨシ