心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

大変な出来事と捉えている時は

人生を自分の思い通りに生きれている感覚はありますか?

なんでこのタイミングでこんなことが起きるのだろうとか

全く、勘弁して欲しいとか

自分の親と意見がかみ合わないなぁ

自分の子供とかみ合わないなぁ

みんなもっと理解して欲しいなぁなど様々あると思います。

しかし

そう思っても実はそれで良いのです。

かみ合わないことが良いと言っているのではなく

視点を変えてみると意外にかみ合っていないわけではないことに気づけたりします。

見ている目線を変えてみると違う世界が見えてきたりします。

人との出来事には幾つかの目線が存在します。

自分の目線と相手の目線です。

それが複数あれば複数の目線がありますね。

意見が同じことが良いことだと思っていませんか?

意見が違うから2通り3通りの考え方、方法が出てくるのです。

世の中の植物がすべて同じ品種だとしたら

きっと全て害虫にやられて死滅していたかもしれません。

地球が守られているのも

それぞれの考え方、品種、行動パターンがあるからこそかもしれませんね。

自分が予想していることと違う出来事が起きている時は

当然自分の想い通りにならないわけですから

人は色々考えてしまったりしますよね。

なんでうまくいかないんだろうとか

どうしてこんなことになってしまうのかぁとか。。

でも

よく考えてみるとそんなに大げさなことでは無いかもですよ。

人はその出来事に囚われている時は大きな出来事で大変、なんとかしなきゃって

思いますよね。

でも全ての出来事は形を変え何かしらの場所に向かっていきます。

想い通りにいかないことがヒントだったり

改善できるタイミングだったり。

それが結果的に

今を見つめられて理想の結果に近づいていったりしているかもしれません。

 

 


上に戻る
© 2010-2017 岡本マサヨシ