ココロ日記

ココロ日記

「自分の住む家はどんな家がお好きですか?」

と質問を投げかけるといろんな答えが返ってくると思います。

大きくて、立派で、景色が綺麗で、などなど。

個人差はあるとは思いますが、せっかくなら自分にとって住み良い家が良いですね。

その住み良い環境の土台は地球です。

地球で生活をする上で大切なことを今日は考えていこうと思います。

住み良い家の土台である地球にいられる時期も、最大100年程ですね。

人間の寿命がおおよそ100年とするならば、また子孫がそれを受け継ぎ100年住むを繰り返す中で

僕たち地球人が本気で考えなければならない局面に、今たたされているのをご存知でしょうか?

この地球が次元上昇の真っ最中なのですよ。

このことは僕の美容室に来店されるお客様には14年前からずっと話してきたことなんですが。

端的に言うともっと生きやすい地球に生まれ変わる真っ最中なんです。

昆虫や爬虫類で言う脱皮ですね。

完成形になる手前みたいな感じですね。

僕も地球が大好きで何度も転生を繰り返してまた地球を選んで今を生きていますが、

人間は何故生きて、死を繰り返すのか?

何故子孫を残し、また生き続けるのか?

何故先祖から今自分にタスキが渡されて今を生きているのか?

それは、地球が新地球に生まれ変わる大祭典(アセンション)を迎えるためという理由もかなり含まれていると思います。

そして地球で生きることで大きく得ることも多いですからね。

先日Youtubuチャンネルで宇宙人に拐われて、マイクロチップを埋められた経験を持つ僕のクライアントさんに出演していただいた時にもこの話題になったのですが、地球以外の生命体からすると地球はとても美しいということの他に、感情を持つことができる星です。

他の惑星では感情を持っていないけど、地球人には感情があることで大きく魂が成長ができるという魅力を兼ね備えている星であるということ。

僕のクライアントさんはそのことを他の惑星に住む宇宙人から聞かされたそうです。

地球は他の惑星から見ても守らなければならないとても大切な星だということですね。

季節があるからこそ人は生きるために冬支度を行ったり、助け合いながら生きる術を学んできました。

少しずつ人々の意識のズレが生じて、自分さえよければ良いというエゴ的な人類が環境汚染を含め魂の成長を阻害してきたのも事実です。

この10年間地球は何故、自然災害が頻繁に起きて、おまけにウイルスが蔓延したり、しているのか?

それは毒出しが必要だからです。

皮膚が綺麗になるには体の内面のデトックスが必要なように、地球も綺麗になるためにデトックスが必要なのですね。

地球の大祭典(アセンション)を終える上でみんなが一つになる意識がとても大切になってきます。

それは地球に良いことを選択するというとてもシンプルで簡単なことです。

今生きている人々は地球で生活したくて生まれてきています。

それは覚えていなくても誰もが目的達成をするために生まれてきているので、潜在的には全ての人に存在しているものです。

この地球が二極化していく中、未来に対して、どんどん生き辛い地球になることを望んでいる人はいないはずです。
誰もが心のどこかで、より良い地球はとても生きやすく、素晴らしい環境が待っていることを信じています。
今を生きている僕たちは、たとえその瞬間を見れなくても、自分が貢献し次にタスキを渡すことを望み今を生きています。

地球に良いこととは、普段の 何気ない日常でできることばかりです。

それによりアセンションを早め、意識の高い住み良い地球に一緒にシフトしていけるのですから、こんなチャンスは乗るしかありません。

方法は簡単で損得勘定を手放すこと。

自分ができることをすること。

この二つです。

今から選択することに対してを、損か?徳か?で判断し行動に移すのをやめるだけで、自分にとっての良いことがとても増えてきます。

良いことが増えると言うのがわかりやすい現象の現れです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。