心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

PTSDヒーリングについてとその効果

PTSDとは

Posttraumatic stress disorderの略で、心的外傷後ストレス障害のことです。
自分ではどうにもならないような衝撃的な恐ろしい出来事、つまり命の安全が脅かされるような出来事や強烈な精神的ショックを経験することによって、それが非常に深い心の傷(トラウマ)となって、時間がたってからも同じような恐怖を感じ続け、心身に様々な症状を引き起こす現象のことを言います。

外傷体験をすれば、多かれ少なかれ恐怖を感じたり、何度も体験を思い出して苦しむものです。しかし、多くの人は、時間がたつにつれて恐怖を克服していきますが、
PTSDの場合は、その時の記憶が1ヶ月以上にわたって薄れることなく、突然怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、頭痛がある、眠れないといった症状になることが多いようです。

PTSDの原因について

PTSDの特色は、生死に関わるような危機を体験したり目撃するなど、明らかな原因によって発症する点です。具体的には、以下のような外傷体験が原因となります。

  • 自然災害(地震、津波、洪水など)
  • 重大事故(車やバイク、自転車、徒歩を含む交通事故、船や飛行機事故など)
  • 性的および肉体的暴行、虐待
  • 戦争などの体験
  • 犯罪被害
  • テロなどによる攻撃
  • 生死に関わる病気であるとの診断

ただし、同じような体験をしたからといって、全員がPTSDを発症するわけではありません。幼少期のトラウマ(インナーチャイルド)出生児のトラウマ(バーストラウマ)過去生トラウマなども関係してきます。

PTSDの症状について

PTSDの症状は、1ヶ月以上続くのが特徴です。1ヶ月未満の場合にはASD(急性ストレス障害)と診断されます。PTSDの症状の多くは外傷体験の直後から半年以内に現れるケースが多いですがまれに、数年たってから症状が出ることもあります。
具体的な症状は、以下のとおりです。

追体験(フラッシュバック)

原因となった出来事が、ふとした瞬間に意図せず思い出され、そのとき味わった身体的苦痛や感情(不安、怒り、悲しみ、淋しさなど)を追体験する症状です。また、その出来事を繰り返し夢に見ることもあります。
動悸がする、呼吸が困難になる、吐き気がする、体が強張る、冷や汗をかくなどの身体症状が出ることもあります。

体験を思い出すような思考、感情、会話、状況や人物を、意識的あるいは無意識的に避けるようになります。そのため、行動が制限されて、日常生活に大きな支障がでることも少なくありません。

また、辛い記憶で苦しむことを避けるために感情や感覚を閉ざし、無感情、無感覚になる人もいます。そのため、家族や周囲の人に対する愛情や優しさを感じなくなったり、人に心を開くこともできなくなったりします。

(過覚醒)

過覚醒は、再び危険な状況に陥ってもすぐに対応できるように身構えている状態です。記憶がよみがえっていない時でも、交感神経系が亢進状態になって緊張が続きます。そのため、常にイライラしている、ささいなことで驚きやすい、警戒心が行き過ぎなほど強くなったり、深く眠れないなどの過敏な状態が続くようになります。
過感覚はアスペルガー症候群の場合にも見られる症状ですので気になる方はアスペルガーチェックをおすすめします。

(その他の症状)

PTSDは、上記のほかにも様々な症状を引き起こします。筋肉痛、下痢、不整脈、頭痛、パニックや恐怖心、抑うつ気分、過剰な飲酒、薬物の使用などは、その代表的なものです。

 

(PTSDかも?と思ったら)

 外傷体験のなかには、自然災害のように誰もが理解しやすいものもありますが、性的暴行や家庭内暴力、虐待など、被害に遭ったこと自体を人に知られたくないと思うものもあります。中には、自分に落ち度があると思い込んでいるケースもあります。
こうした場合、ヒーラーとのコミュニーケーションにより緩和するケースもあります。
PTSDの場合に深く触れられたくないことを根ほり葉ほり聞かれることがクライアントにとって一番苦しいことにつながるケースも多いのです。

PTSD情報削除ヒーリングの特徴と効果

ヒーリングの場合には毎回ごとの心のすっきり感を実感できることが、メリットと言えます。
また、話したくないことを話さなくても良いことが安心に繋がり、取り組みやすいようです。

効果としては

・不安が軽減する

・感情が安定する

・辛かった記憶を自分以外に話すことができる

・記憶に洗脳されなくなり過去の出来事として情報処理できるようになる

・感情がはっきり味わえる

・感覚が増す

・筋肉痛、下痢、不整脈、頭痛、パニックや恐怖心、抑うつ気分などが軽減される

・深い睡眠ができるようになる

・食欲が正常にもどる

 

» 料金・詳細などはこちら

 

このカテゴリーの記事

 

 

上に戻る
© 2010-2017 岡本マサヨシ