心浄術(シンジョウジュツ)の岡本マサヨシ公式サイト

仕事に迷いを感じる人は

『好きこそ物の上手なれ』という言葉を聞いたことがある人も多いのではないであろうか?

好きだという一心で物事を極めていく素晴らしさを例える言葉で僕も好きな言葉だ。

一心不乱に物事をやり続けることで潜在的に潜んでいる好きがどんどん増していく場合と

最初から大好きな世界だけに一心にやり続けていくことで更に磨きをかけて
極めていく場合がある。

僕が美容師や心のヒーラーを選んだのも訳がある。

書籍『幸せをみつめられるようになってごらん』岡本マサヨシ著書(僕の書いた本)では
18歳で福井県から東京に上京してきたマサヨシが東京駅名店街で美容室の入り口に張り出されている
人材募集の張り紙を見て面接してもらったという話のくだりがあるのだが、それは確かに実話である。

もし興味がある方はこちら

これだけを読むと興味がない世界にいきなり僕が飛び込んだかのようにも受け取れるのだが
今も52歳の僕が美容師を続けてこれたのは、元から髪の毛をヘアセットするのが好きだったんのだと
後から僕は気づいたのだ。
気づいたのは40歳くらいになってからなのだけど、そもそも嫌いな世界を最初から選ぶ人はいない。
例え選んでも長く続く筈がない。

昔(僕が18歳くらいの時代)の美容室は徒弟制度の真っ只中で、先輩の言うことは絶対だった。
美容室での昼飯は、スタッフ全員分まとめて買いに行くのは下っぱの僕が担当だった。

女性の先輩は生理用品も一緒に買ってくるようにいう人もいた。
銘柄を間違えて買ってくるとそれだけをもう一度交換しにいくのがとても恥ずかしかったのを覚えている。

僕は一人っ子で喘息持ち。
体を鍛えるために小学3年生から始めた空手は高校まで続け、
県大会で優勝するくらいまで男の『オッス』の世界にいた僕には整理用品売り場は苦しかった。

そんな経験が美容師は好きで始めたのでは無い!あえていうなら嫌い!
このように僕を思わせていたのた時期もあった。

考えてみりゃ髪の毛のセットが決まらなければ高校にいかなかったくらい
髪型命だったのは美容師を選んだのも潜在意識だったのだろうと解釈できる。

プロで食べていくと言うのは好きという自分から更につっこんだ所にいく必要がある。

仕事でプロとは10年以上継続してきて、その仕事でご飯が食べれていることを言う!

仕事にするのは結果を出す必要が必然的におきてくる。

ライセンスをまったく活かせていない人も沢山世の中には存在する。

それは美容師やヒーラーも同じである。

免許は取ったが仕事をしていない人は大勢いる。

そのような人には共通性がある。

それはやらない、できない理由を自分以外の原因にする天才である。

・人間関係が合わない。
・環境が良く無い。
・通勤時間が長い。
・食事を取る時間が無い。
・給料が安い。
・体が辛い
・心が辛い

全て自分が決めて始めたのに、自分以外の原因を見つけることだけに
意識を向けている。

仕事でいう成功とは?

・その世界で食べられていること。
・仕事そのものを好きでいれていること。
・時間を忘れるくらい没頭できること。
・自分が誰かの役にたっていることに喜び、やりがいを感じていること。
・仕事、環境、人に感謝できていること
・人としての学び成長を感じられていること
これらどれか一つは必要不可欠である。

好きで始めたことを一心でやり続けていくことで見えてくる世界。
やりきった人だけに見えてくる世界。

苦しさ、辛さ、悩みも

『好き』が勝っていたからこそ
乗り越えられていくもの。

それがあるからこそ、ピンチをチャンスにかえるアイディアや
底力が湧いてくるのだから。

そこには人間関係
お金、やりがい、体の健康、心の健康

あらゆる管理がついてまわる。

好きは人を成長させてくれる。

僕は自分の経験を通して深くそう実感している。

僕がヒーラーも美容師も長く続けてこれた源は好きを大切にしてきたからだと心から思う。


上に戻る
© 2010-2020 岡本マサヨシ